TOPICS

トピックス

5/22(日)開催‼ 「子どものための哲学対話」

2022.05.13

哲学対話を通して 養われるチカラ

考える(問いを立てる)力:当たり前を大切に思う、当たり前を考える

伝える力:「話を聞いてくれる」という安心感を持ち、伝えたいことを自分の言葉で伝えること

他者を尊重する態度を育む:違いを知り、違うことを認め、思いやることが出来る。ありのままの自分を大切に出来るようになること

哲学対話とは

一つの問いについて考えていく

次々に新しいことを考えなくていい。じっくり考えられる。

 

正解がない、もしくは一つとは限らない

自分のペースで考えることが出来る。

違いを知り、違うことが価値と理解する。

 

ルールに守られた場

「話を聞いてくれる」「話してもいい」という安心感を持って過ごせる。

【開催概要】

場所:ザ・チェルシーアヴェニュー

時間: ①10:00~ 小学1年生~3年生 / ②13:30~ 小学4年生~6年生

参加費:無料(今回のみ)

ファシリテーター:株式会社ONDO 石原晴子

 

お申込はこちらから

スケジュール

(20分)哲学対話の説明 ※保護者の方もご参加ください
(15分)アイスブレイク 対話と思考の練習の簡単なゲーム
(10分)対話のテーマ決め
(30分)対話
(15分)振り返り
ファシリテーターは、子どもたちが安心して自由に考え、対話できるよう手助けしていきます。

対話のテーマは、当日みんなで決めます

例)
・宇宙に終わりはある?
・どうして正義のヒーローは、悪者を殴っていいんだろう?
・人間と動物ってどんなところが同じ?
・キリンって何?
・友達って必要?

安心して対話を進めるためにお願いすること

・何を言ってもいい(ただし、人を傷つけることは×)

・人の言うことに対して否定的な態度をとらない

・発言をせず、ただ話を聞いているだけでもいい

・お互いに問いかけるようにする

・知識ではなく、自分の経験にそくして話す

・話がまとまらなくてもいい

・意見が変わってもいい

・分からなくなってもいい

  梶谷真司著『考えるということはどういうことか』(幻冬舎)より

答えがひとつとは限らない問題を参加者みんなで考え、話し合っていきます。

はじめはゆっくりと、「話を聞かせて」から。